オンラインカジノで勝利して得たお金は税金がかかる?

「稼ぎやすいギャンブルって何?」
「オンラインカジノで儲けたら税金がかかるのかどうか知りたい」
「オンラインカジノの還元率は?」

コロナ渦の影響もあるのか、最近はオンラインカジノで楽しむ人が多くなっています。
カジノは日本の中ではご法度だけれどもオンランカジノはネットを通じてサービスを提供していること、日本人向けに作られたサービスではなく合法の国が管理運営を行っていてゲームサーバーなどサイトを構築するサーバーが海外にあるなど、このような条件を満たしている場合は日本人でも逮捕されることなくカジノゲームを楽しめるといいます。
ただ、カジノサイトの中には悪徳ともいえるようなところも少なからず存在しているようなので、今まで聞いたことがないところや以前からあるけれどもあまり利用している人がいないなど、情報をしっかり吟味して選ぶことが重要です。

カジノは一晩で大きな富を得ることができる

カジノは一晩で大きな富を得ることができるといわれているけれども、これはオンラインカジノの場合も例外ではありません。
しかも、日本人の中にも一攫千金を手にしている人がいるなど身近な人がこのような高額配当を手にしている可能性もあるわけです。
そのときの賞金は約1億2,700万円、軍資金がどのくらいの金額なのか不明確ではあるけれどもこの話題は週刊誌にも掲載されていたので多くの人々からの注目を集めた事象になるのではないでしょうか。

カジノサイトを利用して得た利益も課税対象

週刊誌の記事タイトルには、ネット「カジノ」で1億3,000万円!の「税金問題」などのような記載になっていますが、オンラインカジノで儲けると税金を納めなければならない、このようなことを今気が付く人も多いといえます。
よく考えれば分かりそうだけど、宝くじなどは非課税であり同じような感覚でいると税金を納める必要がないなどのイメージになることもありますよね。
基本的な話になりますが、1年間の中で個人に収入があるときは税金を納める義務があります。
これは競馬・競輪・競艇・オートレースなどの公営ギャンブルはもちろん、カジノサイトを利用して得た利益も課税対象になります。
ただ、得た利益全てに税金が課税されるわけでなく、税金が掛からない申告が不要なケースもあるのでそれをしっかり把握することが重要です。

参考:じゃい、今度は「9370万円」の馬券的中、税金はどうなる? 以前は不服申し立ても

年間の収益が50万円未満なら申告する必要なし

オンラインカジノで得た利益は課税所得になり、申告を行うときは一時所得で計算することになります。
このとき、一時所得には50万円まで非課税になる特別控除が用意されているので年間の収益が50万円未満なら申告する必要はありません。
さらに、税金のことを学んでおくと得することもあるのですが、これは給与所得以外の所得が20万円以下のときには申告が不要といったことも組み合わせると、特別控除50万円に加えて20万円の特例を追加すれば70万円以下のときは確定申告が不要です。

オンラインカジノは最も稼げるギャンブル?

年間の利益が70万円までなら税金が掛からないので確定申告が要らない、このように覚えておけばボーナスを出金する目的で50倍の賭けゲームで勝利して勝ったときでも税金のことをあまり考えずに楽しめますよね。
しかしながら、年間50万円の利益を出すことは可能になるのだろうか、このように考える人も多いといえます。
一攫千金を狙っていてその願い通りになると税金を納めることになるけれども、普通にスロットやルーレットなど隙間時間を使ってカジノゲームで遊んでいる人が高額配当を受けることはない、このように考えるケースは多いわけです。
競馬とオンラインカジノの勝率を考えるとかなりの還元率になるので、50万円以上を稼ぐことも不可能ではなくなります。
例えば、競馬や協定の還元減率は約70%といわれているのですが、パチンコは約50%でロトクジは約40%です。

まとめ

そしてオンラインカジノ還元率は約97%など、数あるギャンブルの中でも高い還元率になるわけですから、最も稼げるギャンブルであると同時に課税対象になる可能性も高いギャンブルといえましょう。

Related Posts